読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼミなし早稲田生の卒論代わり

ゼミに所属しておらず、卒論を書く必要のない筆者が卒論代わりに大学受験やTOEIC勉強法、大学生活を充実させる方法等を自分の反省も踏まえて書きます。

英語長文の方法論(読み方)について

前回は英語勉強法のフローについて記事を書きましたが、その中に「方法論」というものをちらっと紹介しました。

これは少しくせ者というか、変にこだわってしまうと危険なので今回は少し詳しく書いていきたいと思います!
 
 

 

 
 

巷にあふれる英語長文方法論

なんか「パラグラフリーディング」だったり「ロジカルシンキング」だったりいろいろ方法論ありますよね。
きっと予備校でもいろんな読み方学ぶと思います!
ざっくり言えば文章構成をつかむためどう読めば、どういう単語が出てきたら気をつけるべきかとかみたいなことです…多分(笑)
あんま僕自身詳しくは覚えてないですけど、Namely がきたら要約だ!!!!!
みたいなね。
 
僕が受験勉強を始めた当初は結構これは重要だと言われてて、これを勉強しないと合格はないと思っていました。
「英語長文方法論は大学受験で必須」なんて言われることもありますが、
受験が終わって、そしてさらにTOEIC900点超えるまで勉強してきて思うことは、
 
 
「いらねぇや。」
 
だってね、普通の日本語力あればそんなんわかるじゃないっすか?笑
というか文章の流れなんてたくさん読んで身についてくるものなんです!
 
 

受験時代の自分

 
そんなこといってる僕は、受験時代、方法論厨でした。
方法論にばっかこだわってた。
この読み方をしなければならないなんて思ってました。
なんでも方法論にあてはめようとして。
例外だってあるし、ぴったりはまることなんてそうそうないのに。
あてはまらないことに毎回悩んでました。それで英語読むの止まってました。
スラスラ読むための方法論なのに、
それで読めなくなるとか、本末転倒ですよね?! バカバカしい!!!
 
そんなことに悩んでたから、僕は英文を読む量が圧倒的に減ってしまいました。
僕が第一志望の政治経済学部に落ちた要因の一つです。とても大きな一つです。
 
 

受験英語で大事なこと

 
いいですか?みなさん。
受験英語なんて、方法論なんかなくても、
 
英語読めれば解けますよ?
 
そりゃそうだよ!!英語だもん。
そんな
「この時の主人公の気持ちを答えよ」
みたいな、凝った問題でません。
このitは何を指してる?
とか
この段落の言いたいことは?
みたいな表面的なことしか聞いてこないです。
 
もし、「この段落を要約せよ。」みたいなパラグラフリーディングが役立つっぽい問題が出てきても、英語が読めて普通の日本語力があれば要約できます。
というかそれぐらいの日本語力ないと現代文解けないです!笑
英語が読めれば解けるんです!
そして逆に英語が読めなければ解けません!
仮にパラグラフリーディングみたいな方法論を完璧に身につけてたとしても、肝心な英語力がおろそかだったとしましょう。
全く解けません。
 
何度も言って申し訳ありませんが、
英語で高得点を取るには、方法論ではなく英語力が大事です!
 

英語力をつけるには

 
そして、その英語力をつけるにはどうすればいいのか?
たくさん英語を読むことです。
じゃあたくさん英語を読むには?
たくさん単語を覚えることです。(もちろん英文解釈が身についた前提で。)
 
 
…最終的に単語の話になってしまいましたが笑
 
だけど結局、実力は解いてきた問題量、読んできた英文量。(そしてたくさん英語を読むには単語量。)
量を意識して勉強頑張ってください。
 
 

じゃあ方法論は全くのムダ?

 
うーん、そうなると違うんです笑
これだけ批判しておいて、申し訳ないんですが笑
どっちかというと、方法論というより方法論に固執してた僕を批判していました!
方法論が目的になってしまってはダメなんです!
方法論は手段なんです!一つの武器なんです!
上手く付き合えばめちゃくちゃ頼もしい仲間になってくれるんですよ!!
(手のひらの返しようが…笑)
 
ではどうしたらいいのか?
それにはまず一定量の問題を解いていきます!
そうするとなんとなく自分の中で自分の読み方が確立されてきます。
そこで初めて方法論を学ぶんです!
この時のスタンスとしては、
「こんな読み方もあるんだなー」という感じでOK!!
自分に合わないなと思ったものは、無視してしまって構いません!
自分の読み方プラスαの気持ちで学んでいきましょーー*\(^o^)/*
 

代表的なテキスト

 
テキストを進めていく過程で大事なことは方法論を学びに行かないことです。
問題を解いていく過程で方法論もおまけで学ぶというスタンスを大事にしてください!!
 
パラグラフリーディングのストラテジーシリーズ
英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編     河合塾SERIES

英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編 河合塾SERIES

 

 

 

パラグラフリーディングのストラテジー (2) (河合塾SERIES―英語長文読解の王道)

パラグラフリーディングのストラテジー (2) (河合塾SERIES―英語長文読解の王道)

 

 

 

 

ディスコースマーカー英文読解
ディスコースマーカー英文読解

ディスコースマーカー英文読解

 

 

 

 

 

 横山ロジカル・リーディングシリーズ
横山ロジカル・リーディング講義の実況中継―大学入試

横山ロジカル・リーディング講義の実況中継―大学入試

 

 

 

横山ロジカル・リーディング講義の実況中継実戦演習 [実戦演習1]

横山ロジカル・リーディング講義の実況中継実戦演習 [実戦演習1]

 

 

 

横山ロジカル・リーディング講義の実況中継実戦演習―大学入試 (2)

横山ロジカル・リーディング講義の実況中継実戦演習―大学入試 (2)

 

 

 

 

問題演習のステップで、問題演習としてこれらの問題集は使ってください!
やるとしても全部やる必要はありません!どれか1シリーズで大丈夫です。
オーソドックスなものはパラグラフリーディングのストラテジーかな。
僕がやったのはパラグラフリーディングのストラテジーとディスコースマーカー英文読解です。(二つもやる必要は絶対にない。)
またパラグラフリーディングのストラテジーはPart3もありますが国公立編なので割愛しました。
ロジカルリーディングは気になっていましたが、なかなか時間がかかりそうなのでやらずに終わりました。しかし、ガッツリやれば力がつきそうなものでしたし、有名なので紹介させて頂きました。このシリーズは時間がかかるのでやる時はそれなりに覚悟した方がいいです。
 
方法論とはうまく付き合って、目的も見失わないように気をつけ、英語の点数を伸ばしていってください!
 
今回は以上です!
ありがとうこざいました!